韓国の衛星ロケット、発射2分17秒後に爆発

テスト



tendaの自由文言1


新着トラックバック/コメント

tendaの自由文言2

カレンダ
2010年6月
   
10
     

アーカイブ
2004年 (16)
4月 (8)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
10月 (1)
2005年 (13)
5月 (7)
6月 (2)
8月 (4)
2006年 (2)
1月 (2)
2008年 (1)
10月 (1)
2010年 (1)
6月 (1)
2011年 (2)
6月 (1)
7月 (1)
2012年 (1)
5月 (1)
2013年 (1)
9月 (1)
2014年 (2)
4月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:6
累計:89,433


2010年06月10日(Thu)
韓国の衛星ロケット、発射2分17秒後に爆発
 【ソウル=前田泰広】韓国の南部・全羅南道(チョルラナムド)の「羅老(ナロ)宇宙センター」から10日夕、人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」が発射されたが、韓国教育科学技術省などによると、2分17秒後、高度約70キロ付近でロケットが爆発し、打ち上げに失敗した。  2009年8月の1回目の打ち上げでは、人工衛星を大気との摩擦から保護するカバーがうまく外れず、人工衛星の軌道投入に失敗したが、今回はロケットそのもののトラブルだった。ロケットは2段式で、1段目はロシア、2段目は韓国の製造。搭載されていたのは科学技術衛星で、大気に含まれる水蒸気量の測定など地球温暖化に関連したデータを収集する予定だった。 ほげほげ

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存