会社員の年金、公務員より負担重く

会社員の年金、公務員より負担重く 格差解消に一元化必要 厚労省数理部会



tendaの自由文言1


新着トラックバック/コメント

tendaの自由文言2

カレンダ
2006年1月
13
       

アーカイブ
2004年 (16)
4月 (8)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
10月 (1)
2005年 (13)
5月 (7)
6月 (2)
8月 (4)
2006年 (2)
1月 (2)
2008年 (1)
10月 (1)
2010年 (1)
6月 (1)
2011年 (2)
6月 (1)
7月 (1)
2012年 (1)
5月 (1)
2013年 (1)
9月 (1)
2014年 (2)
4月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:7
昨日:9
累計:90,086


2006年01月13日(Fri)
会社員の年金、公務員より負担重く
保険料2050年度1.8ポイントに拡大
 厚生年金に加入する会社員と共済年金に加入する公務員の年金を比べると、実質的な保険料率で会社員の方が負担が重いことが、厚生労働大臣の諮問機関・社会保障審議会年金数理部会に十二日報告された試算で分かった。同部会は両年金などの財政検証を終え、「被用者年金の一元化などをしない限り、完全に格差をなくすことは困難」とする報告書をまとめた。
 共済年金は「職域加算」という厚生年金にはない独自制度があり、「年金月額で二万円程度高くなっている」(厚労省)。このため、厚生年金相当分の保険料率の比較が困難だった。
 しかし、同部会で検証した結果、職域加算分を除いた共済年金の保険料率が判明。平成十七年度の保険料率は厚生年金の約14・3%(労使折半)に対し、国家公務員共済(国共済)は約13・5%。地方公務員共済(地共済)は約12・7%、私学共済は約9・9%と格差があった。
 つまり、月収五十万円の人同士で比べた場合、厚生年金の本人負担が月額三万六千円弱になるのに対し、国家公務員では三万四千円弱、私学共済では二万五千円弱と安い掛け金で、年金額は同じということになる。
 しかも、厚生年金と公務員共済の格差は年を経るごとに拡大。厚生年金と国家公務員共済の間で0・8ポイント分だけだった格差は、二〇五〇年度に1・8ポイントに拡大する。五十万円の給料で本人負担の差は四千五百円だ。
 格差の最大の原因は基礎年金相当分の保険料率。共済年金加入者の収入は厚生年金加入者の収入よりも高いことが影響し、基礎年金分の保険料率は、共済年金の方が大幅に低くなっており、年金数理部会は格差解消に「一元化が必要」とした。
 年金一元化は政府や自民党で検討が進められているが、年金数理部会の結論は両年金間の格差是正をさらに促すことになりそうだ。
(産経新聞) - 1月13日2時53分更新

writebacks(3)
ぽん吉 Posted by アメブロ掲示板 さん at 2006/01/14 12:59
はじめまして♪ぽん吉と言います。一応既婚です(汗女の子のメル友が欲しいです(´∀`)

森ちゃん日記 Posted by 森近木ゆかりオフシャルブログ さん at 2006/01/14 13:29
アメブロで新しくブログを作りました。前のブログを見ていてくれた人も今度からはこちらでよろしくお願いします。あ、初めて見てくれた人のために自己紹介をしておきます。

だめだろう Posted by これはまずい さん at 2006/03/23 16:41
直せ!!!!

トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存