台風、勢力弱めて北東へ

午後には温帯低気圧に



tendaの自由文言1


新着トラックバック/コメント

tendaの自由文言2

カレンダ
2004年5月
           
21
         

アーカイブ
2004年 (16)
4月 (8)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
10月 (1)
2005年 (13)
5月 (7)
6月 (2)
8月 (4)
2006年 (2)
1月 (2)
2008年 (1)
10月 (1)
2010年 (1)
6月 (1)
2011年 (2)
6月 (1)
7月 (1)
2012年 (1)
5月 (1)
2013年 (1)
9月 (1)
2014年 (2)
4月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:7
昨日:9
累計:90,086


2004年05月21日(Fri)
台風、勢力弱めて北東へ
 台風2号は21日朝、八丈島の南東140キロを時速約65キロで北東に進んだ。気象庁によると、本州が風速25メートル以上の暴風域に入る恐れはなくなり、午後3時には日本の東海上に進んで温帯低気圧に変わる見込み。
 気象庁は「前線の影響などで東北の太平洋側では午前中、北海道の太平洋側とオホーツク海側は21日いっぱい強い雨が降る恐れがある」として、注意を呼び掛けた。東北から北海道にかけての沿岸では高波への注意が必要という。
 午前6時現在、台風の中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルで、中心の南東側130キロ以内と北西側90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。
 22日朝までの予想降水量は、いずれも多い所で、東北の太平洋側が100ミリ、北海道の太平洋側とオホーツク海側が90ミリの見込み。(共同通信)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存