ユニセフは、爆発で被害を受けた水道管を修復

ユニセフは、首都の主要な水道管のロケット砲による破壊後、何万人ものバグダッド市民への水供給を回復させた



tendaの自由文言1


新着トラックバック/コメント

tendaの自由文言2

カレンダ
2004年4月
       
20
 

アーカイブ
2004年 (16)
4月 (8)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
10月 (1)
2005年 (13)
5月 (7)
6月 (2)
8月 (4)
2006年 (2)
1月 (2)
2008年 (1)
10月 (1)
2010年 (1)
6月 (1)
2011年 (2)
6月 (1)
7月 (1)
2012年 (1)
5月 (1)
2013年 (1)
9月 (1)
2014年 (2)
4月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:6
累計:89,433


2004年04月20日(Tue)
ユニセフは、爆発で被害を受けた水道管を修復
【バグダッド 2003年8月18日】
昨日(8月17日)、バグダッドの主要な水道管が爆破され、30万人以上の住民への水の供給が途絶えましたが、ユニセフは、被害が起きてから24時間以内にこれを修復しました。
「爆発によって、パイプラインの側面に直径1.5メートルほどの大きな穴があき、何万リットルもの水が噴き出し、道路にあふれました」ユニセフの水担当技術者のサイード・ハミード氏は述べます。「これにより、多くの住民がもっとも暑い時期に水を得られなくなり、迅速に水のサービスを復旧することが重要でした」

ユニセフ職員と契約業者は、爆発に対応し、バグダッド市の行政担当者と調整をはじめました。

修復をはじめるためには、イラクで最大規模の水処理施設を数時間止めなければなりませんでした。そして、その間、400万人が水を得られなくなります。

「パイプラインのその部分だけを閉じることができてすぐに、施設を再稼動させました」とサイード氏は述べました。「しかし、まだ何万人もの人びとが水を得られずにいました」

ユニセフの契約業者は、昨晩、夜間外出禁止令が出ている中、深夜23時まで修復作業に取り組み、今朝、その仕事を終えました。パイプラインに漏れがないか確認された後、18日午後13時45分に、水は通常通りに復旧しました。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存